Roadstar RF

2018年7月 5日 (木)

ECU交換後の感想

Img_2430
EPUを交換してから市街地、高速、峠と200km強を走行してみました。

何処かのサイトで、「エンジン始動から違う」という少々誇張したコメントを読んでいましたが、エンジン始動からアイドリングまではノーマルと同一。

しかし、鈍い私でもノーマルとの違いは明らかに分かります。

昨今の燃費重視の車両は、電子スロットルでラフなアクセルワークを行っても燃費を優先させるため、意図的に回転上昇を抑え込むわけですが、ロードスターにも同様の調整シロを常々感じていましたが、漸く本来の性能に戻ったと思えます。

そもそもNAなので、一気にアクセルを全開にしてもシートに押し付けられる様な強烈な加速は体感出来ませんが、リニアにアクセルが反応する様になったので非常に扱いやすく楽しいエンジンになりました。

Img_2435
一応、こちらのショップでは単にリミッター解除とアクセルワーク向上だけではなく、スロットルMAPの数値も修正しており、アクセル開度に見合った燃料MAPと加速補正MAPも同時に調整しているとの事。

全域で点火時期とヴァルブタイミングも変更しているので、パワー・トルクともにアップしており、概ね純正CPUから約 18ps、1.5㎏・m向上する例もあるようです。

確かにどの帯域から踏んでも回転が付いてきます。

Img_2439
実際に奥多摩の峠を走りましたが、多少高めのギアでコーナーを曲がっても、アクセル開度に応じて燃料を多く送ってくれるので立ち上がり加速は改善。

加速上昇が遅いので躊躇していた追い越しも、トルクが着いてくる様になったので漸く出来るようになりました。

ロードスターにはアクセル開度に応じ、燃費向上を意識させるためのインジケーターがあり緑→青→白に変化していきますが、ECUを交換してからは燃料も濃く回転上昇も早くなったので、ほぼ緑は表示されなくなりました。

Img_2443
アクセルの反応を例えるならば、これまで遊びが10円玉一枚分有ったとすると、ECU交換によって紙一枚になったと言えるほど、アクセルの踏み込みに対し敏感に反応します。

この僅かな踏み込みに対し、回転数が反応する様は非常に気持ち良く、ヒールアンドトゥのし易さも却って良くなりました。

Img_2446
全域で燃料が濃くなっているので、中間加速からの排気音も以前より多少元気になりました。

音色も吹け具合も柿本のマフラーはやはり最高です。

Img_2451
さて肝心な燃費ですが、気持ちの良い加速と引き換えに当然悪化します。

全く同条件で計測する事は不可能ですが、ほぼ同じ環境の一般道、高速、峠を約200km走行し、ECU交換後の平均燃費は14.6km/L。

交換前は概ね15km後半だったので、ほぼ1km/L悪化したでしょうか。しかしながら、これだえ楽しいエンジンになってもこの燃費を誇るロードスターは素晴らしいと思います。

そして、ECUの書き換え(こちらのショップではCPUと呼ぶ)費用は税別¥78,000と決して安くは有りませんが、この性能なら納得でしょう。

2018年6月 1日 (金)

ECU到着

Img_1134
出国前日、早々に書き換えられたECUが届きました。

日曜日の夕方に発送し、月曜作業で火曜日に到着したわけです。車両が使えないのは3日間ということになりますね。

Img_1135
出国前のあわただしい最中、取り外した手順を覚えているうちにと辺りが暗くなる中、懐中電灯片手に取り付けに勤しみました。

取り外す時より手際が良く復旧は30分ほどで終了。

緩み止めのロックタイトもしっかり塗って再設置しましたが、後付けのセキュリティーアラームのホーンのボルトが緩んでいることが発覚したので、後日この改善点に関しては忘れないで対処しなければなりません。

Img_1139
いとも簡単に復旧出来たので一抹の不安が残り、入念にボルトの締め忘れなどをチェック。

Img_1140
やはりタワーバーや意味の無いエンジン音増幅装置が若干障害でしたが、実際にやってみるとECUの書き換えとは実に簡単なのですね。

どの様に変化したのかは帰国後試してみたいと思います。

2018年5月27日 (日)

ロードスターRF ECU交換

Img_1060
走行距離が8000kmを超えましたが、どうも踏み込んだ際の吹けが悪くスポーツカーらしくないと不満を抱く様になってきました。

燃費優先で回転を制御しているのは分かるのですが、昨今のエコカーの様でどうもマフラーに異物が詰まっている様で、本来のパワーの2割が抑えられている感が有り。

マフラーを交換すると更にその不満が大きくなり、いよいよECU交換に踏み切ることにしました。

Img_1059

ショップに申し込みをしたものの一切の説明無し。事務的にECUを外してお送りくださいというだけなので、ネットでECUの取り外しを参考にチャレンジ。

実はショップに購入を申し込んでから2ヶ月以上が経過しています。

Img_1086

助手席側のバッテリーとサスの間にECUは存在していました。

ボルトを3本外すだけなのですが、後付けのスタビライザー、ハイエンドアンサー、そしてセキュリティー用のスピーカーが取り付けられており以外にも苦戦。

バッテリーの底面についている3本目のボルトが最も大変。バッテリーを外すべきなのですが、面倒なのでユニバーサルジョイントレンチで乗り切りました。

Img_1092_2
おもちゃのような固定ハンドルを持ち上げるとソケットが浮いて簡単にプラグが外れます。

サイトを見ると細かいピンプラグが入っているので、破損させないように垂直に持ち上げるようにと注意書きが有りましたが以外にも簡単に外れました。

Img_1091
非常に精密に並んだピンプラグ。確かにこれを曲げてしまうと一大事ですね。

Img_1100
3本のボルトが抜けたので終了と思ったのも束の間。実は固定台座に固定されている更なる3本のボルトを更に外す必要有あり。

薄い眼鏡レンチを掛けて漸く取り外し完了。いかんせん狭い場所なので簡単では有りませんが、何とか出来ました。

Img_1105
取り外したブツ。ではなくECU。

Img_1108
臓器が一つ無くなったロードスター。ECUが書き換えられて戻ってくるまでこのまま不動状態。

Img_1109
自身で梱包し、元払いで送り、買い替えられたECUを元通りに戻せは終了。

果たしてどれだけの日数で帰ってくるのか、交換後の違いはどうなのか改めてご報告致します。

2018年5月23日 (水)

スポーツカーの宿命

Img_0996
ロードスターRFがやってきてほぼ1年となりましたが、時間が経過するのは実に早いものです。

1年経過して走行距離は現在8千キロ台に入っており、購入時の走行距離は600km前後だったので1年で8000kmを走破した状況。私にしては良くこれだけの距離を走ったものだと改めて感心します。

兎に角ロードスターは近所に買い物に行くだけでも楽しい車であり、一応トランクも有るので日用使いにも不満は無く無理してS660から買い替えて正解でした。

今の所、不具合などは一切無く、オイルを一度交換しただけで洗車も水洗いのみであり全く手がかかりません。

日頃乗りっ放しなので洗車ついでに車体をぐるりと確認すると、スポーツカー故の問題点が見つかりました。

Img_0998
あれ?っと思うほどフロントバンパー周辺に傷が入っています。

飛び石による塗装の剥がれですが、1年間でこれ程の傷が発見された事は嘗て無く、車高の低さから盛大にフロントバンパーが小石を受けているのでしょう。

Img_1001
私は安全上と飛び石を避けるために、かなり車間距離を設けるのですがそれでもダメなのですね。

Img_1003
これらの季節虫の体当たりにて汚れが落ち難くなる事も想定し、フロント周辺だけコーティングの上塗りをしておきました。

それにしても8000kmでこの状態ですから3年も乗るとフロントは散弾を浴びたように傷だらけになると推測されますが、精神衛生上も宜しくないので車は消耗品と割り切って諦めましょう。

スポーツカーは遠目に観察致しましょう。

2018年5月21日 (月)

ロードスターRF 一年

Img_0980
先日、窓ガラスが汚れていたのでウォッシャーを使用したら何と水切れ。そういえば前回水を足したのはいつだったか思い出せず。

幸い遠出をした際ではなかったので直ぐに帰宅して補充出来ましたが、スポーツカーだからなのか2Lペットボトルを満タンにして補充しても、1.5L程度しか入りませんでした。

一般車がどの程度入るのか分からないのですが、ジムニーは何となく相当量が入る様な気がしますがどれも同じですかね。

フロントガラスの汚れと同じくボディーも酷い汚れ具合だったので、観念して洗車する事にしました。

1年経過しても水を掛けるだけでこの撥水力なので、ガラスコーティングの効果はやはり絶大です。

Img_0976
マイクロクロスファイバーを現在も多用していますが本当にこれは便利ですね。スポンジを使っていた私は愚かでした。

クロスが汚れたらホイール用に回していますが、洗車、拭き上げ、ホイールまで全てこのマイクロファイバーで簡潔。まとめ買いしていますが、まだ半分以上残っており経済的。

Img_0984
余りにホイールが汚れていたので今回はホイールも洗う事にしました。ホイールは数ヶ月に一度洗っている感じでしょうか。

Img_0985
ブレンボのパットはブレーキダストが酷く、ホイール周辺が粘土質の汚れがへばり付き光沢が全く無くなります。

MINIのブレーキダストも酷いのですがブレンボも同様ですね。

マイクロファイバークロスを両手で掴んで汚れを落としていきますが、1本当たり5分ほどかかります。ホイールもセルフでガラスコーティングしているので汚れは落ちやすく、ダストの焼き付きも防げるので苦労した甲斐有り。

Img_0988
清掃完了。ついでに華を添える真っ赤なブレーキポッドも手を入れてどうにか綺麗になりました。

Img_0993
年齢的にも経済的にも、BBS、ブレンボキャリパーを今後再び手に入れる事は無いと考えているので長く大切にしたいのですが、いつまでこの車が維持できるのかと時折不安になります。

空気圧も計測すると何故か1本だけ適正値で他は0.1kg不足。洗車に空気圧計測、オイル交換と車は何かと手間が掛かりますが、安全に楽しむ為には仕方ありませんね。

2018年4月29日 (日)

一般道150km走行

Dsc08250
一般道150kmを走行する事は事は滅多に無いのですが、山梨県から松本まで高速で一気に通過してしまうのは勿体なく、風光明媚な光景を楽しみながらのんびり行くのも良いと考え、一般道を行くことにしました。

ナビ上だと、高速道で2時間半、一般道だと3時間半と1時間の差。峠も楽しめるのであればこの1時間のロスは惜しくないと目論んだのですが、この選択は間違いでした。

結局このルートはほぼ直線の市街地であり、後半に若干景色の良い場所が現れた程度で一切の峠道なども無し。事前に調べて行くべきでした。

ただ、小淵沢を通った際に、嘗て訪れたSUNTRY工場が現れ、ここであったかと一枚記念撮影。子供達と訪れた非常に楽しい工場でした。

Dsc08262
結局一般道150kmは想定より退屈であり、休憩を入れながら結局4時間。

漸く松本に到着しましたが既に4時超過。ホテルに寄っていると日が落ちると考え、そのまま車でお城の外堀を走行。

初めてお目にかかる松本城は想像よりも小さく見えましたが、現代に突如現れた異空間の如く存在。

改めて考えると寺や城跡は散々見たことが有るのですが城を見るのは今回が初めて。

Dsc08267
思わずパーキングを探す前に路駐して1枚撮影。

日本で現存する最古の城。現在までこの姿が残っている事は奇跡としか言いようが有りませんね。

2018年4月25日 (水)

2018年4月24日のハイオク価格

Img_0623
仕事の関係にてロードスター出動。

久し振りに2日間で579kmの長距離を走行しましたが、一般道、高速、峠のオールラウンドの平均燃費は16.6km/Lと申し分無い数値でした。

マツダの2L スカイアクティブは派手さが無く大人しいエンジンですが、反面、非常にバランスが取れ優秀であると思います。

さて、昨今のガソリン価格は原油高騰の影響と寡占化が進んだ影響にて高止まりしたまま。出発当日は都心で給油するしか無く、全く利用したことが無いシェルのセルフスタンド利用で145円/L。

無給油で戻りたかったのですが、流石に高速でガス欠の心配をしたくなかったので、山梨の峠の途中にある寂れた有人スタンドで20Lのみ給油。

20Lにしては妙に高かったので帰宅してレシートを見ると163円/L。20L換算だと360円も違うのでした。

ただ、ガソリンスタンドは採算が合わず嘗ての銭湯の様にバタバタと潰れており、今回の様に遠方で救われる事も有る訳ですから、地方の小さなスタンドこそ頑張っていただきく意味も込め、360円は地方応援税だと考えます。

Dsc08767
ガソリン価格はさておき、それにしてもロードスターは燃費が良い。

2シーターで軽いから当たり前だろうと言われそうですが、今回の走行状況は山中湖から松本まで下道を150km走行し、高速はほぼ120~140km巡行、峠も幾つか山を越えた状況でこの数値ですから。

先日、フェアレディZの特別仕様車が好印象だったのでサイトを覗いてみましたが、排気量は3.7Lで燃費は9L台と、とても私に維持出来る代物ではありませんでした。

2018年4月14日 (土)

ソウルレッドの集い

Img_0491
談合坂PAに入るとソウルレッドのSUVを見つけたので並んで停めてみました。

手短にトイレ休憩から戻ると、背後にもう一台セダンが加わっていました。

私はロードスター以外のマツダの車に興味が無く、名前も良く知らないので色が異なれば他社の車両と見分けつかなかった事でしょう。

他社のメタリックレッドも多数存在しますが、ソウルレッドはやはり特殊な色合いですね。

Img_0493
面白いのでこの写真を家族にLINEで送信したら同色の車の集まりだったの?と言われました。

日経ビジネスのマツダの金井会長の記事が連載されていましたが、マツダの車は全部似ていて、マツダだと分かるが車ごとの名前が分からないと良く言われるが、それで結構、金太郎飴で大正解なんだとか。

大手に比べて限られたマツダの資金力などを、全部の車を1つの方向に揃える事で勝負出来ると読んだのでしょう。素晴らしい経営者ですね。

2018年4月11日 (水)

火事故

Dsc00260
今回も仕事という口実のもと富士山を目指して走ってきました。

仕事をいかに短時間で終了させられるかによって、楽しく走れる時間が確保されるのでこの日も必死に仕事を終わらせました。人間何かが賭かっていると、飛躍的にポテンシャルが上がります。

Dsc00266
いつもの場所で記念撮影。1月中旬に撮影した富士山は既に雪が溶けて黒くなっていましたが、4月の富士山は再び雪が降ったらしく真っ白に復活。

しかしその雪は凍っている様子で光り輝いていました。

Dsc00289
この日の気温は15度前後。日差しもまだ柔らかく適温であり正しくオープンカー日和。

寒さ、暑さ、日差しと、日本の気候はオープンカー向きでは有りませんが、電動ルーフだと簡単に開閉が出来るので僅かな好条件を狙って楽しむ事が出来ます。

Dsc00293
ワインディングを走りたいので帰りは下道を快調に走っていましたが、暫くすると山間から勢いよく煙が立ち上り始めました。

最初は何かを焼いているのかと思いましたが、黒煙の塊が勢い良く吹き上がり出したので、昨今各地で始まっている噴火ではないかと身構えました。

オープンにしているので噴石にやられれば一溜りもないので、停止するか進むべきか思案しながらも走っていると、燃えカスが車内に降り始めました。

噴火でない事を知り安心しましたが、果たして何が燃えているのか間もなく見えてくるだろうと、コーナーを抜けると何と路肩から数mの炎が立ち上っており最早止まることが危険な状況。

アクセルを踏むしか無く、炎を避けるように走り抜けましたが、オープンにしていたので車内に煙と熱が流れ込んで来て一瞬怖い思いをしました。

こういう時はクローズに限りますね。

Dsc00292
この写真は炎を抜けて停車した状況ですが、カメラを持って戻ると消防車が駆け付け道路封鎖が始まりました。

ここはかなりの田舎らしく、消防車も地元の消火車庫に保管されていた様な小型のものばかり。火の勢いが激しく、アナウンスで地元の消防団の招集号令がかかっていました。

地元の人の話では誰も住んでいない家が突然燃え出したとの話でしたが、果たして原因は何だったのか。

Dsc00308
その後は再びワインディングを走り、相模原で高速に乗ると今度は突然事故渋滞。

これまたオープンにしていたので周辺のトラックの排ガスを浴びながらひたすら耐えること30分。2kmの表示でしたが結局5km以上足止めされました。

Dsc00309_2
これまたどの様な事故かと思って進むとバイクと車が接触した様で、ネイキッドモデルが追い越し車線に横倒しになっていました。

ツーリング中の事故らしく仲間のバイクとバンパーが外れたワンボックスが停止中。ライダーが無事でありますように。

火災も事故も他人事ではないと感じた一日でした。

2018年3月22日 (木)

ヘリカルショートアンテナ

Dsc00220
カバーを掛けるために脱着していたらいつの間にかピンを紛失してしまい、僅か半年で買い替える事になったショートアンテナ。

無くすとすればトランクが車両周辺なので、くまなく探したのですが結局発見できず。

Dsc00223
同じものを買うのも癪なので柄違いのカーボン柄を選択しました。

Dsc00225
購入済みのアンテナは紛失したピン以外、箱ごと綺麗に残っていました。

Dsc00233
ロードスターに適合するのは中央の細いピン。これを無くしたばかりに2500円とは実に残念。

Dsc00231
今回は絶対に無くさないようにロックタイトを塗って緩みを防止し、マイナスドラーバーでぎりぎりまで強く締め付けておきました。

Dsc00229
カーボン柄はテカリがあり何となく安っぽく感じます。

RFには合わない気もしますが駄目ならピンだけ入れ替えることも可能。このアンテナ以外にも優秀な物が無いものか探したのですが、どれも今一つで結果このアンテナになりました。見た目だけではなく性能も重要ですからね。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ